無線機・インカム・トランシーバーの解説サイト

「無線電波でGo!」は、今や連絡手段として必要不可欠となっている無線機(トランシーバーやインカム)について、ざっくばらんに解説しているサイトです。当サイト内でトランシーバーや無線機の購入はできませんので、無線機がご入り用の方は「通販 無線機」で検索してみるといいですよ。無線機に興味がある方、またそうでない方も一度覗いてみて下さい。

トランシーバー、インカムなどの無線機器について

電波は人の目に映らず、また一が目視で確認するには特殊な機械を必要とすることから、今現在、社会においてどのくらい電波が飛び交っているのかを認識しているひとはごく少数と思われます。地球規模における初の電波通信は今から約一世紀前の1901年に行われ、初めて飛ばした電波が太平洋を横断したことで知られています。科学の進化は日進月歩とはよく言いますが、一世紀の時間を経た今、世の中はこの無線電波を使った通信、コミュニケーションが主流となり、どこにいようとも連絡を取ることができるという、昔から考えればまるで夢のような世界になったと言えるでしょう。そもそも無線通信は物理的な距離の問題を解決するべく開発された技術で、送信内容を電気信号に変えて発信させるという発想から生れた驚くべき技術です。一人一台携帯を持っているのが当たり前の世の中ではさほど珍しさ、目新しさを感じないのは無理ありませんが、携帯が流行してまだ十年もたっていないという事実を鑑みるに、無線通信の利便さと便利さを追求する姿勢にはただただ感嘆するのみです。若干前置きが長くなってしまいましたが、当サイト「無線電波でGO!」では、無線機に関係する情報として、インカム、トランシーバーなどについて紹介、解説しております。電波なくして現代社会は成り立たないと言っても過言ではなく、電波が現在の社会基盤を支えているという認識を持って無線、引いてはトランシーバー、インカムなどの無線機についての知識を深めていただければ幸いです。もし借金で過払いのご相談をお考えなら、こちらをおススメします。

便利な機器、インカム、トランシーバー

一度世に出て普及した機器は、年月を経て徐々にダウンサイジングされます。一昔前のテレビと現代のテレビを見比べてみれば分かるように、アンテナをテレビの上に直接置き、画面の大きさはさほど大きくありませんでした。しかい今では平面ブラウン官やプラズマテレビといった大画面でありながら横幅が薄い、ダウンサイジングに成功した完成系を見ることができます。無線機においてもダウンサイジングの流れは当然あり、工事現場などで使っていた手のひらにやっと収まるぐらい大きかったトランシーバー、無線機は、今では作業の邪魔にならないようにとの配慮から、重量、大きさを大幅に小さくし、かつベルトに引っ掛けて作業に支障がないようにとの設計がなされています。インカムにいたっては頭から耳にかけて引っ掛ける形で装着するのでトランシーバーの用に通信時に手で持つ必要がなくなり、余った両手で作業をしながら通信ができるという、利便性、作業の効率化に特化した進化を遂げてきました。これら無線機は各メーカーが非常に多くの種類販売しており、素人目にはまずどれがいいのかを瞬時に判断するのは難しいでしょう。かくいう私もそうなのですが、そういった各メーカー毎の機種の特徴については言及せず、無線機によってどのように生活が変わったか、利便性とはどういった点を指すのかということを当サイトでは解説いたします。

recommend

サッカーユニフォームの製作

活性2型コラーゲン、非変性2型コラーゲンのお求めはバイオ健康サプリ

スタッフTシャツ

ランドリーバスケット エコ洗剤

信頼度100%の翻訳会社